ミニチュアハウスをつくる!

模型製作プロによる趣味のミニチュアハウス製作ブログ-1/87-1/160サイズ-

屋根その4

本日は朝から晴れ。

体調は、よくなってきた。。。

サンプル屋根2つ目

昨日に引き続き、試作でもう1つ。屋根高さの低い、薄めの屋根に昨日よりしゃくり上げを小さくして作成。

たぶんこちらを本採用という事になりそう。。。

絵の形状がカクカクしているのはCAD内で一時的にデータ量を軽くしているため。

こうすることで、ブツを作成中にいろいろ回転したり動かしたりしているわけですが、その動作が早くなる。実際のデータはもっと円滑に丸くなっている。

 

¥うん十万円とかそれ以上かけて、ビデオボードやらなにやらをいいヤツにすればそれなりに。。。。でも10数年前?のうん十万円の内容が今じゃ数万円。下手すると中古で数千円で実現できる。あまり内容の濃いものでなければ、まあまあ、十分といえる。自分も中古数千円で。。。

f:id:lis2016zz:20170518094740p:plain

今回のモデリングはCADでフツウによくあるソリッドモデリングではなく、形状の自由度が高いサーフェスモデリングにて作成。

ソリッドは重さや重心など物理量が比較的楽に計算できるので、そういうものが必要な模型の場合重宝して使っているが、建築模型などの場合には、ほとんど不要。

ただ、簡単にブーリアン演算がやりやすいのがイイ。

ブーリアン演算:3Dモデリングでは、3D形状を結合したり、ある形状からある形状を抜き取ったり、両方の形状の重なっている部分だけを抽出したりすること。)

サーフェスモデリングヴァーテックス(頂点)を移動すると面形状もそれに合わせて変化させることが出来るので、思いつきの形状作成なんかには非常に楽。。。

3DCGソフトは通常サーフェスモデリング

 

ペンケム模型作品(Instagram)
PenkeM作品集

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアドールハウスへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ