ミニチュアハウスをつくる!

ミニチュアハウス製作やプログラミングEmacsLisp/AutoLisp/Python3/html*css*js......

プログラム修正

本日は曇り、にわかに晴れになってきてはいる。

早朝寒さはあるが、だんだん暖かくなるそうな。。。

桜はそろそろか。。。

AutoLisp修正-はめ合い寸法計算-

実際の物を作る場合、軸と軸受けとか穴とそれに入るものとか。。。3Dモデリングのバーチャルでやっている間はピッタリ作れば別に問題もないが、実物はそうは行かない。

ピッタリ作ると、軸なら穴に入らない。穴に軸を突っ込もうとしたとき微妙でも傾いていたら入らない。。。NC工作機械のクセや精度の問題などもある。

 

こういったことが、部品組み立て中にいろいろな所で起こるのだ!だからはめ合いを考慮した図面で作らないと、部品がキツくて入らん!っとか、ゆるゆる~!っとか。。。

まあ、極論でピッタリ作ることは不可能だが。超ピッタリに作った場合の話し。。。

だから通常なら軸を微妙に小さくしてはめ込めるようにする。このあたりの調整で軸がぎっちり目に入ったり、するする入ったりするようになる。ものによっては穴を大きくしてもいいだろう。

 

通常機械図面などではそういった、はめ合いのある部分には、±うんぬんと言った寸法許容差を入れる。ソレを加工屋さんが見てつくる。

私の場合、3DデータをそのままCAM図として使用するので図面のワークそのものを実物の寸法で入れる。だから、はめ合いのある部分は微妙に寸法が。。。

その微妙?ッて言うのが極秘寸法的になる場合も多い。いろいろな条件で、同じようなものでも微妙な寸法は変わってくる。

NCの最小稼動寸法は機械の精度によって変わるのでそのあたりでさらに変わる。

 

・・・っで、そういった寸法値をサク~っと計算して工作機械のパスに出来るようにプログラムを追加した。以前からやりたかったのだが、なかなかやれず今日にになってしまった。。。

今後は楽になりそう。

f:id:lis2016zz:20180324091447p:plain

f:id:lis2016zz:20180324091458p:plain

 

ペンケム模型作品(Instagram)
PenkeM作品集

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアドールハウスへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作(ストラクチャー)へ

-penkem works-